• トップページ
  • 選ばれる理由
  • 院内案内
  • 医院概要
  • アクセス

歯科医院における滅菌システムと院内感染の予防

当院の減菌システムと院内感染予防への取り組み

愛甲石田の歯医者「辻内歯科クリニック」では、徹底した減菌システムと院内感染予防対策によって、患者様が安心して治療に専念できる環境を整えております。
こちらでは、当院が行っている院内の衛生管理についてご紹介します。

細菌の主な感染経路と疾患、また対策について

感染経路 主な疾患 主な対策
空気感染
  • 結核(けっかく)
  • 麻疹(ましん:はしかのこと)
  • 水痘(すいとう:水ぼうそうのこと)
  • レジオネラ肺炎(一時感染)
  • 特別な空気の処理換気
飛沫感染
  • 髄膜炎
  • ジフテリア
  • ウイルス感染症(アデノウイルスインフルエンザ、流行性耳下腺炎、風疹)
  • 手洗い
  • 手袋・マスク・ゴーグルの着用
接触感染
  • 消化器、呼吸器皮膚あるいは創の感染症、またはコロニー形成
  • MRSA,VRE,病原性大腸菌O-157などの感染症
  • 環境内に長期生存し、微生物量が少なくても感染する疾患
  • 伝染性が高い皮膚疾患
  • ウイルス性出血性感染症
  • 手洗い
  • 手袋・プラスチックエプロン・マスクゴーグルの着用
  • 清掃

ユニバーサルプレコーションの徹底

ユニバーサルプレコーションとは、患者様の体液・排泄物はすべて感染源となりうるものとして取り扱うという考え方で、それに準じた予防策を行うことです。
当院ではユニバーサルプレコーションを徹底することにより、院内感染のリスクを低減しています。

予防策
状況 対策
血液・体液・排泄物に触れる可能性のあるとき
  • 手袋の着用(はずした後は直ちに手洗い)
血液・体液・排泄物が飛び散る可能性のあるとき
  • 手袋、プラスチックエプロン、マスク、ゴーグルの着用
血液・体液・排泄物が床にこぼれたとき
  • 手袋、プラスチックエプロンの着用
  • 次亜塩素酸ナトリウム処置の実施
感染性廃棄物を取り扱うとき
  • バイオハザードマークの使用
  • 分別・保管・運搬・処理の実施
針を使用したとき(針刺し事故防止)
  • リキャップせず、針捨てボックスに直接廃棄

飛沫及び空気感染の防止策

ウイルスは空気中に飛び散ることで人体に感染します。
多くの患者様が訪れる院内では、身体に悪影響を与える菌が集まりやすいため空気感染の防止を徹底する必要があります。
また、空気中に舞い上がる粉塵なども体内に取り込まれると、さまざまなトラブルの原因となります。
当院では、エアクリーナーをはじめとする防止設備を設置し、空気の清浄化に努めています。

飛沫感染するウイルス

以下では、一般的に空気感染すると考えられているウイルスについてご説明します。
「感染する確率」のの数が多いほど感染しやすいので注意が必要です。

感染症の種類 感染する確率
麻疹(ましん) ★★★★
水痘(すいとう) ★★★★
百日咳菌 ★★★★
インフルエンザウイルス ★★★
風疹(ふうしん) ★★
ムンプス ★★
伝染性紅斑(でんせんせいこうはん) ★★
ロタウイルス ★★
咽頭炎(いんとうえん) ★★(密な接触の場合)
結核菌 ★★(家族内の場合)
猩紅熱(しょうこうねつ)
インフルエンザ菌
RSウイルス ???
肺炎球菌 ???
マイコプラズマ ???
肺炎クラミジア ???
当院の飛沫及び空気感染の防止設備

エアクリーナー

エアクリーナー

エアクリーナーは動作90分で、空気中にあるほとんどの粉塵・細菌を除去することができます。
これにより、常に衛生的な院内環境を保つことができます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

治療中の切削粉塵は非常に微細で、身体に取り込まれることでさまざまな悪影響を及ぼします。
口腔外バキュームは粉塵を徹底的に口腔内から排除することができ、治療の安全性を高めます。

マスク・ガウン・グローブ

マスク・ガウン・グローブ

処置の際には減菌処理を施したマスク・ガウン・グローブの着用を義務づけています。
これにより、ウイルスの付着を防止するとともに、付着した場合もそこからウイルスが飛散することを防止します。

個室の使用

個室の使用

外部からの粉塵の侵入をシャットアウトするため、処置をする際には必ず個室を使用します。

感染症の経路と対策

感染症の種類 感染経路 対策
MRSA感染症 主に接触感染。
抗菌薬の投与や、歯科医などの手指を介した交差感染。
  • 手洗い
  • ユニバーサルプレコーション
  • 清掃
HBV感染症
HCV感染症
HIV感染症
血液・体液を介した感染が主な経路。
医療現場の場合には針刺し事故といった職業感染が起こる場合もある。
  • ユニバーサルプレコーション
  • 事故時には次亜塩素酸ナトリウムでの拭き取りと湿式清掃

血液・体液曝露事故による感染事故の防止対策

血液・体液の曝露(ばくろ:むき出しにすること)は医療現場において起こりうる事故のひとつです。
しかし可能な限りこれを防止するために、当院は以下のような取り組みを行っています。

ユニバーサルプレコーションに
準じた防止対策
  • 手洗い
  • 防御用具(手袋・マスク・ゴーグル・プラスチックエプロン)の使用
鋭利器具の取扱に注意する
  • 注射針のリキャップ禁止(やむを得ない場合は片手救い法の実施)
  • 使用者の責任のもと、確実に適切な廃棄を行う
  • 必要に応じて安全機能付きの注射針を使用
  • 手術中に手渡しが必要な場合は中間ゾーンを設け、声の掛け合いを徹底する

歯科用器具の洗浄時のポイント

歯科用器具は構造が複雑なため汚れが落ちにくいだけでなく、切創事故(せっそうじこ:鋭い刃物などで身体に傷をつけてしまう事故)が起こりやすいという特徴を持っています。
こうした事故が起こってしまった場合には、どういった対処が有効かの知識を持っていることが重要です。
当院のスタッフは器具の形状や素材、汚れの成分から適切な洗浄方法を見いだせるだけの知識を保有しています。

減菌システムと感染予防で患者様にクリーンな治療環境を

【辻内歯科クリニック 県央インプラントセンター】神奈川県厚木市愛甲1-19-20 TEL:046-248-1008

↑

35.42243767607593,139.34029135344238

辻内歯科クリニック

35.4212836,139.33986219999997

Copyright © 辻内歯科クリニック 県央インプラントセンター. All Rights reserved.